学習院女子中学校はどんな学校?~歴史・校風・教育方針などから見てみよう~

<学習院女子中学校の基本情報>

⚫過去の名称
華族女学校
学習院女学部
女子学習院

⚫設置者
学校法人学習院

⚫設立年月日
1885年(明治18年)9月

⚫共学・別学
私立女子校

⚫中高一貫教育
完全一貫制

⚫課程
全日制
単位制・学年制 学年制

⚫設置学科
普通科

⚫高校コード
13541A

⚫所在地
〒162-8656 東京都新宿区戸山三丁目20番1号
2008年6月に開通した、東京メトロ副都心線「西早稲田」駅からは正門まで徒歩3分。

<学習院女子中の校風>

創立以来、質の高い品格を備えた女性、社会に貢献できる女性の育成を目指す中高一貫教育で、バランスのとれた学力の習得をはかる伝統校です。前身は「華族女学校」であり、良家の子女が通うことで有名ですが、実際は一般の家庭の生徒も多いです。高等科からの外部募集は一切行わず、内部生を一貫して教育していくことで、知性と品性を兼ね備えた人間育成を目指しています。挨拶は「ごきげんよう」と正に絵にかいたようなお嬢様学校です。「ダイヤモンドの原石である生徒たちが自らの能力を磨き上げるとともに、一人一人が個性を輝かせ、互いに切磋琢磨する六年間となるよう指導する」ことを教育の基本方
針とし、生徒と教員、生徒同士の触れ合いを通して、思いやりの心や、品格のある言葉づかい・礼儀を身に付けることが出来るでしょう。生徒たちは広くきれいなキャンパスで、おおらかで自由な校風の中、心豊かに学校生活を送っています。また、行内には四季折々の花たちが生徒たちの情緒教育を手助けしてくれます。4月には満開の桜で新入生を出迎え、3月の卒業シーズンには辛夷 の白い花が卒業生の門出を見守ります。まさに日本女性を教育するにふさわしい環境が整っているといえるでしょう。

<教育の特色>

中等部ではネイティブ教員による授業を実施し、学年ごとにスキット・コンテストを行っています。また、NHKラジオでの「基礎英語」を教材として取扱い、オーラルコミュニケーションや、英語でのディスカッションといった実践的な授業も多く行っています。少人数授業体制を取っていて、英語の授業はすべて20人以下、国語・数学も部分的に少人数授業を行っているため、生徒のフォロー体制はしっかりしています。学年ごとの職員室を設けることで、質問しやすい環境が整っているため、学習環境としては良好な学校です。教科担任の判断で、補習授業を行ってくれることもあるため、落ちこぼれる心配もありません。古文、書写・書道はオリジナルテキストを用いて指導しています。
修学旅行では1年次に富士山麓で交流教室、2年次に臨海学校を実施しています。
海外研修・留学制度も整っており、希望者を対象にイギリスで語学研修を実施していま
す。

<施設・設備>

HR教室や特別教室、理科教室7室、芸術教室8室、家庭科教室5室などの教室棟のほか、体育施設として第1体育館、第2体育館(和室を備えています)、室内温水プール、総合グラウンド、 テニスコート4面、バレーコート4面、バスケットコート1面があり、構内の中心には蔵書約11万冊の図書館があります。また、全室冷暖房完備しており、学習環境はかなり整っています。

<部活動の特徴>

11の運動部、20の文化部、3の同好会が活動中です。入部形態は自由度が高く、運動部と
文化部を1つずつ、文化部のみであれば2つまで兼ねて入部することができます。また各
部・同好会には、専任教員の顧問および経験豊かで指導力に富んだコーチが所属していま
す。女子中等科と高等科は同じ敷地内にあり、部活動や委員会活動も中等科と高等科が一
緒に参加しているものがほとんどで、運動会や文化祭も中等科と高等科、混合で行いま
す。

<部活動一覧>

⚫運動部
スキー部(高等科のみ) ソフトボール部 ダンス部 テニス部 バスケットボール部
バドミントン部 バレーボール部 剣道部 卓球部 水泳部 陸上競技部
⚫文化部
E.S.S.部 アニメ・まんが研究部
コーラス部 ブロックフレーテ・アンサンブル部
仕舞部 写真部 化学部 史学部 国際交流部(GIC)手芸部
放送部 文芸部 料理研究部 日舞部 書道部
演劇部 生物部 美術部 茶道部(高等科のみ) 華道部
同好会
ボランティア同好会 手話同好会 野外活動同好会

<文化祭の特徴>

一般公開されている学習院女子中の文化祭「八重桜祭」は毎年多くの来場客が訪れます。
しかし、やはり女子校ということもあり入場制限があります。招待券を持っているか、
受検生本人またはその保護者(家族)、在校生とその家族、卒業生が入場許可をされていま
す。模擬店や演劇、ライブと様々な催し物があり、どこも盛況しています。また、文化部
の展示が毎年好評で、アニメ・まんが研究部は部員全員のイラストを載せた部誌を発行し
ています。

【大学進学実績・募集要項・入試結果・学費】
http://www.study1.jp/detail/73/
※上記のサイトを参照してください。
【東京都私立中学 偏差値一覧】
http://school.quu.cc/junior-high-school/rank.html
※上記のサイトを参照してください。
【募集案内】
http://www.gakushuin.ac.jp/girl/nyushi/nyushi-ippan.html
※上記のサイトを参照してください。

関連記事

  1. 2012年度中学国語入試・よく出題された出典ランキング

  2. 本気で国語力を上げたい人に捧げる6つの教訓

  3. 平成27年度 桜蔭学園中学校 国語 分析と解説

  4. 桐朋中学校 国語分析

  5. 法政大学中学校はどんな学校?~歴史・校風・教育方針などから見てみよう~

  6. 平成27年度 光塩女子学院 国語 分析と解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。