平成27年度 光塩女子学院 国語 分析と解説

◆問題構成

問題構成としては、物語文と論説文のふたつの文章から成り立っています。

物語文は比較的、小学生でも読める文章です。
しかし、論説文は少し子供にはむずかしく退屈な内容になっていると感じられ、
わかりにくい文章であるといえます。

また、設問のタイプとしては、選択式よりも記述式が多く見られるため、
しっかりと記述にかける時間を確保することが必要です。

文章自体はそれほど長くはなっていません。
そのためできるだけはやく(もちろん正確に)読み、設問に取り組む時間を
多くもうけることがポイントです。

◆所要時間

第1回 総合型  25分
第2回 4科型  50分
第3回 4科型  50分

◆設問の問題内容と細かい時間配分

※文章は基本15分以内で読む

◯物語文

【問一】 慣用表現(選択式)<時間配分目安1分>
【問二】 心情理解(短答式)<時間配分目安1分>
【問三】一つ 心情理解(記述式)※字数指定なし<時間配分目安3分>
【問三】二つ 心情理解(記述式)※字数指定なし<時間配分目安2分>
【問四】 心情理解(選択式)<時間配分目安1分>
【問五】 登場人物(記述式)<時間配分目安2分>
【問六】 場面理解(記述式)<時間配分目安2分>
【問七】 場面理解(記述式)<時間配分目安1分>
【問八(1) 】 表現技法(選択式)<時間配分目安2分>
【問八(2)ABD】 内容理解(書き抜き)
【問八(2)C】 内容理解(短答式)<時間配分目安A~D合わせて2分>
【問九】 主題関係。記述式(記述式)※字数指定なし<時間配分目安4分>

◯論説文

【問一】 接続語関連(選択式)<時間配分目安2分>
【問二Ⅰ】 表現効果(選択式)
【問二Ⅱ】 表現効果(選択式)<時間配分目安ⅠとⅡで2分>
【問三】 内容理解(書き抜き)<時間配分目安3分>
【問四】 内容説明(記述式)※字数指定なし<時間配分目安3分>
【問五】 内容理解(書き抜き)<時間配分目安3分>
【問六】 内容理解(記述式)※字数制限10字程度<時間配分目安3分>
【問七】 内容理解(記述式)※字数指定なし。<時間配分目安3分>
【問八】 意見記述(記述式)※字数制限100字以内<時間配分目安8分>

◆文章の傾向

素材文は4000~5000字とそれほど長くはありません。

ただ冒頭で述べたように、論説文では小学生にはすこしわかりにくい文章が
出される傾向が強いです。

具体的には、「歴史とは何か」「言語論」など高校生が読んでも骨のある文が多いです。

このように高い読解能力が求められる題材が多く扱われています。
そのため、難解な文章を読む練習を繰り返し、少し骨のある文章への「慣れ」
身につけておく必要があります。

◆設問の特徴

設問の特長はやはり記述式設問が多いという点です。
しかし、文章全体の内容の理解、またその流れをおさえることができれば、
しっかりと記述の問題には対応できます。

しかし、中には100字程度の記述問題があります。
これは少し骨のある問題ですが、パターンは

「本文の要約(文章の理解を示す要素)」➕「自分の意見・感想」

とだいたい決まっています。
そのため、しっかりと過去問を通じて対策を立てられれば、
対応はできます。

いずれにせよ、記述とは完璧な答案を目指すというよりは部分点を稼ぐ
という発想の方が良いと思います。

そのため、しっかりと部分点を稼ぐために、粘るようにしましょう。

◆過去問を取り組む際のポイント

まず問題を解く前に全体に目を通しましょう。
目的は「素材文の長さ」「設問の数」「記述の余白の大きさの認識」などです。

まずは50分しっかり最初から最後まで集中して、わからなくても
記述の余白を埋めるようにしましょう。

また、100字の記述問題ではしっかりと問題の条件を正確に
捉えることを意識しましょう。

例えば
「本文の内容を踏まえ」「自分の体験の中から」などです。
このような条件を正確におさえ答案を作成しましょう。

最後に作成した答案は記述式が多いので、しっかりと国語に精通している人
添削指導をしてもらい、どこをどうしたらよいかを指摘してもらってください。
そして、もう一度解き直しをすることで力がつきます。

関連記事

  1. 桐朋中学校はどんな学校?~歴史・校風・教育方針などから見てみよう~

  2. 平成27年度 鷗友学園女子中学校 国語 分析と解説

  3. 平成27年度 本郷中学校 分析と解説

  4. 平成27年度 成蹊中学校 国語 分析と解説

  5. 【学習院女子中】国語の全体傾向と5つの対策方法

  6. 桐朋中学校 国語分析

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。