平成27年度 桐朋中学校の 国語 分析と解説

平成27年度「桐朋中学校の国語」の内容分析と時間配分

平成27年度の桐朋中学校の国語の問題構成は論説文と物語文の2題の読解問題から成り立っています。
漢字の書き取り問題などは読解問題の中に含まれていました。

設問のタイプとしては記述問題が多かったです。
そのため、しっかりと時間配分を決めて解いていくことがカギになります。

読解問題にあたっての3つのポイント

■読解問題が2題あるので、それぞれに時間をかけすぎるといけません。

文章の読解に15~20分ほどがのぞましいです。
そして、解く時間は30~35分が目安です。

■解答欄の枠の大きさに恐れてはいけません。

字数指定がない記述問題が多いです。
しっかりと「解答欄を埋めきる!」という気持ちで取り組んでください。

■難度の高い記述問題もしっかり回答しましょう。

難易度の高い記述問題が中にはあります。
しかし、恐れてはいけません。
満点をとるのではなく、部分点をしっかり取りにいきましょう。
わかる部分だけでも書くクセをつけましょう。

[大問1 論説文]の詳しい内容解説とそれぞれの時間配分

問一 内容理解。求められる字数は少ない。<時間配分目安2分>(記述式/字数指定なし)

問二 内容理解。選択式。傍線部②をふくむ一文を正確に読む。<時間配分目安1分>(選択式)

問三 慣用句。基礎的な内容。確実に得点したい。<時間配分目安1分>(短答式)

問四 主題関連。書き抜き部分は、最後の段落にある。<時間配分目安1分>(書き抜き問題)

問五 脱文挿入。「ああ、もういやだ」が対象とすることが、脱文。<時間配分目安2分>(書き抜き問題)

問六(1) 内容理解。傍線部④直前の部分から、解答を探す。<時間配分目安1分>(書き抜き問題)

問六(2) 内容理解。(1)の書き抜き部分から、書くべきことを判断できる。<時間配分目安4分>(記述式/字数指定なし)

問七 要旨関連。設問の「現代の映画と対比しながら」という点に着目して、記述する。<時間配分目安4分>(記述式/字数指定なし)

問八 漢字の書き取り。基礎的な漢字が中心。確実に得点したい。<時間配分目安1分>(短答式)

[大問2 物語文]の詳しい内容解説とそれぞれの時間配分

問一 基礎的な漢字が中心。確実に得点したい。<時間配分目安2分>(漢字書き取り問題)

問二 心情関連。選択肢の内容を比較することでも、解答を見出すことができる。<時間配分目安1分>(選択式)

問三 心情関連。選択式。この場面の中のやり取りをおさえること。難しい設問ではない。<時間配分目安1分>(選択式)

問四 心情関連。選択式。基礎的な内容。ここで落とさないようにする。<時間配分目安1分>(選択式)

問五 心情関連。ポイントは2つ。千代が進学できないことはおさえておきたい。<時間配分目安4分>(記述式/字数指定なし)

問六 場面理解。千代の一番の望みは、ハルの台詞の中にある。<時間配分目安2分>(選択式)

問七 内容理解。物語の展開をおさえ、類推することで解ける。<時間配分目安1分>(選択式)

問八 心情関連。傍線部⑥をふくむ場面の内容をおさえることで、判断できる。<時間配分目安1分>(選択式)

問九 内容理解。時代背景がわかると、書きやすい。<時間配分目安3分>(記述式/字数指定なし)

問十 心情関連。物語のできごとをおさえ、類推していくことが必要。<時間配分目安3分>(記述式/字数指定なし)

合格点平均点と分析

合格者平均点が57.6点(受験者平均点53.0点)と高くはないです。
まず漢字部分にすべて正解することが必要です。
そうすれば、他の問題を五割程度得点することで、合格ラインに到達することができます。

関連記事

  1. 国学院久我山中学校 国語分析

  2. 【中学受験 国語】よく出題される4つの文章タイプと読み方

  3. 「国語の成績が上がらない・・・」国語ができるようにならない4パターンの子ども

  4. 【これだけは欠かすな!】問題を解く前の4つの鉄の掟

  5. 本気で国語力を上げたい人に捧げる6つの教訓

  6. 平成26年度 白百合学園中学校 国語 分析と解説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。