【スピード】と【正確性】を意識した選択問題の攻略テクニック

今回は、選択問題を素早く正確に解くためのテクニックを紹介します。

海城中学などでは、選択問題がほとんど占めています。
また、選択肢が長いため、すばやく、かつ、正確に選択問題を解いてくことが必要です。

そこで、ここではスピード」「正確性を意識した
選択問題テクニックを解説していきます。

―残すべき5つの選択肢―

①傍線付近に書かれたことに近い内容のもの。

②教育上好ましい言葉を用いたもの。

③問題で問われていることに沿った形で書かれたもの。

④選択肢の中にキーワードが含まれたもの。(論説文・説明文)

⑤文章全体のテーマ(筆者・作者の言いたかったこと)に近いもの。
※これをするためには前もって要点をおさえておく必要がある。
要点のおさえ方⇒

選択肢問題は、各問それぞれ1分以内に解くことがのぞましいです。

―消去すべき5つの選択肢―

①断定表現を用いたもの

②極論表現を用いいたもの(例えば、「すべて」「~はひとつもない」など)

③問題できかれたことに答えていない的はずれな選択肢

④文章中で書かれていないもの

⑤文章中で言われている内容と反対のもの

※選択肢の内容が長い場合は「、」のあるところで区切ると、比較しやすいです。

関連記事

  1. 麻布中学校の国語をくわしく分析!26年度国語

  2. 【徹底比較】いちばん人気の小学生通信講座は何だ!?

  3. 平成24年度 東京都立武蔵高等学校附属中学校 国語 分析と解説

  4. 本気で国語力を上げたい人に捧げる6つの教訓

  5. 法政大学中学校はどんな学校?~歴史・校風・教育方針などから見てみよう~

  6. 【小学四年生から始める中学受験】7冊のおすすめ「国語」問題集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。