【小学四年生から始める中学受験】7冊のおすすめ「国語」問題集

小学四年生の国語を勉強する上での3つの目標

小学4年生は、学習習慣を身につけるために重要な時期であると同時に、
いよいよ実戦を意識した学習を始める学年でもあります。

精神年齢を高めること

国語は他教科に比べ「成果が出るまでに時間がかかる」という特徴があります。
昨日読めなかった文章が、今日突然読めるようになるということはまずありません。

なぜなら精神的な成熟や語彙の定着などが必要だからです。

文章を読む上で必要な語彙力をつけること

中学受験の国語の文章は学校によってさまざまです。
ただ、どこの学校の文章も難しい語彙は出てきます。

そのため、日々、家庭などで常に語彙力を鍛えると
中学受験でたいへん有利になります。

解答の根拠を考える姿勢

また、もう一つの特徴として「なんとなく書いたら(選んだら)当たってしまう」こともあります。
その分、解答を導き出す根拠や過程を振り返らないお子さまが多い科目とも言えるでしょう。

小学四年生でやると良い8冊のおすすめ参考書

ウイニングステップ小学4年国語1説明文 改訂新版

ウイニングステップ小学4年国語2物語と詩 改訂新版

コンパクトにまとめてあるので、読解の補強に便利です。

4年生用としては難しすぎず簡単すぎず適度な難易度のため演習がスムーズに運びます。
下段のヒントは、有用なものばかりで子供が見ればよいヒントとなりそうですが、
それをを参考にするようなしっかり者の小学4年生はほとんどいないでしょう。

それでも教える側にとっては大変有用なヒントです。

教科書よりも難易度が高めですでが、
解答例が分かりやすく、親子マンツーマンで教えていける良い教材と言えます。

解答の解説は類書に比べあっさりしていますが、物足りなさ違和感は感じません。少し注文があるとしたら、正解選択肢に1,2か所どうかと思うものがあったこと。それも利点で十分に補っています。

啓明舎が紡ぐ小学国語 読解の基礎 3年~5年向け

子どもにも深く印象に残りそうな興味深い題材が多く使われています。
そんな中で、単なる受験のためというよりは、国語本来のめざす読み解く力、
表現する力を少しずつ養っていけるのがうれしいです。

また、書き込み式というのも、使いやすいです。

他の問題集では、解説を読んでも腑に落ちないものが多いなか、この問題集はとても丁寧で分かりやすいです。
手ごたえは十分すぎる問題集ですが、これ一冊やれば、小学生としては十分記述の力を伸ばせると思います。

量もそれほど多くはないですが十分な内容です。
多少は解説をしてあげる必要はあげれば、
お子さんひとりでも進めていくことが可能です。

学年も関係なく進めていけることもおすすめできます。

中学受験必須難語2000(小学校4~6年生用)

毎朝1ページづつやると調度よいです。
ボリュームが多いという声をよく聞きますが、
だからこそ小学四年生から勉強していくことをおすすめします。

語彙力は中学受験の国語で大きな力になります。
はやめはやめで勉強をすることがポイントです。

マジック・ツリーハウス 第1巻恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス 1)

9才の兄と7才の妹の冒険物語シリーズ。いろいろな時代の世界中が舞台になっていて、
謎解きやドキドキはらはらが満載で二年生の娘が大笑いして読んでいます。
私も少し読んでみましたが、とても楽しくストーリーにひきこまれていきます。

これはあくまでも文章に親しむということを目的としています。

もちろん、中学受験の国語は物語文であっても、もっと読みにくいものが多いです。

しかし、文章に対する抵抗がなければ、中学受験の国語もいずれは慣れてきます。

そのため、文章への抵抗(=慣れ)のために、このような本をおすすめします。

陰山メソッド徹底反復「音読プリント」 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

この教材の良い所はとにかく、選ばれている文章が良いことです。国語の音読はこの一冊で十分だと思います。
俳句、漢文から日本の優れた詩や小説の冒頭部分があり、とても良い構成になっています。

この本では「五十音」は毎日読むことが指示されています。
あとは毎日一ページずつ、すらすら読めたら次に進む、というふう活用していくと良いと思います。

音読は国語においてとても大切な要素です。
四年生のうちから粘り強く継続していけば、
確実に国語のさまざまな力がつきます。

ちびまる子ちゃんのことわざ教室 (満点ゲットシリーズ)

このシリーズは他にも四字熟語や慣用句などもあります。

漫画であるため、子供が飽きないで楽しく読めます。
また、しっかりそのことわざが使われる場面が漫画になって解説されているので
とてもわかりやすいです。

また、漫画は子供の記憶にも残りやすいので、とてもおすすめです。

知識問題は中学受験の国語で重要な得点源になってきます。
しっかりと早い段階から身につけていきましょう。

小学 基本トレーニング 漢字4級: 1日1枚・30日で完成 (小学基本トレーニング)

1日1枚と子供の負担にならないようになっており、30日で完成するようになっています。

漢字は中学受験で満点を取らなければならないものです。
漢字は合格のためには必須であり、他の受験生も漢字はほとんどの人が
確実に得点を稼いできます。

そのため、漢字を身につけることは合格するために確実に必要なものです。

関連記事

  1. 【記述力は子供に必要ですか?】記述力が求められる4つの理由

  2. 国学院久我山中学校 国語分析

  3. 麻布中学校の国語をくわしく分析!26年度国語

  4. 桐朋中学校はどんな学校?~歴史・校風・教育方針などから見てみよう~

  5. 2011年度中学国語入試・よく出題された出典ランキング

  6. 【これだけは欠かすな!】問題を解く前の4つの鉄の掟

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。